位分資人(読み)イブンシジン

大辞林 第三版の解説

いぶんしじん【位分資人】

律令制で、五位以上の親王・諸臣に官位に応じて給された従者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いぶん‐しじん ヰブン‥【位分資人】

〘名〙 令制における下級官人。五位以上の諸王・諸臣の位階に応じて、一位に一〇〇人、二位に八〇人などの定数があり、主人の警護や雑務に使われた。外八位以下の子および庶人から選ばれる。官職に応じて賜わる職分資人(しきぶんしじん)に対する。〔続日本紀‐養老三年(719)一二月庚寅〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android