位置推算表(読み)いちすいさんひょう

百科事典マイペディアの解説

位置推算表【いちすいさんひょう】

運動表とも。太陽や月,惑星の任意の時刻における位置を手計算によって求めるための計算数表。ヒッパルコスの太陽表が最古とされている。近代の推算表では,ケプラー運動による位置を求めてから,他の惑星などの摂動を加える形になっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちすいさんひょう【位置推算表 tables for ephemeris computation】

太陽,月,諸惑星の任意時刻における位置を手計算によって求めることを目的に,運動理論を展開,整理して編集した計算数表。運動表ともいい,運動理論と一体のものである。ヒッパルコス(ニカイアの)の太陽表(前2世紀)を最古とする。一般に近代の推算表では,まずケプラー運動による位置を求め,これに他の惑星などによる摂動を加えるという形をとる。太陽と惑星については,フランス暦に採用されたU.J.J.ルベリエの表,その他の国の基本暦に用いられたS.ニューカムの表(木星,土星はG.W.ヒルの表)が有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android