低温工学(読み)ていおんこうがく(英語表記)cryogenic engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低温工学
ていおんこうがく
cryogenic engineering

低温の生成とその応用を対象とする工学分野。ここでいう低温とは液体空気沸点 (約-180℃) 以下をさす。初め物理化学的研究手段として開発されたが,液体水素液体ヘリウムなどが半工業的に生産できるようになり,以来急速に工学として進展した。絶対温度で数度 (液体ヘリウムで約 4.0K=-269℃) の極低温では,超伝導超流動などの異状物性が現れるので,その応用を開拓し,また未知領域を研究するのが低温工学である。ロケットの液化気体燃料 (液体水素など) および液体酸化剤 (液体酸素,液体フッ素など) の利用,宇宙通信用結晶メーザーの極低温維持 (液体ヘリウム) ,超伝導を利用する超強磁界電磁石の製造 (液体ヘリウム) などがあり,未開拓分野への期待も大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていおん‐こうがく〔テイヲン‐〕【低温工学】

セ氏零下150度程度から零下273度(絶対零度)における物質の独特の性質や動きを応用しようとする工学分野。気体の液化や超伝導超流動などの現象を扱う極低温工学をいうことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていおんこうがく【低温工学】

工学の一分野。摂氏マイナス150度から、絶対零度にいたる低温の生成、低温下の技術を研究する分野。冷凍・冷蔵、冷凍乾燥など摂氏マイナス150度ぐらいまでを扱う技術を含めることもあるが、気体の液化や超伝導など絶対零度までを扱う極低温の工学を指すことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ていおん‐こうがく テイヲン‥【低温工学】

〘名〙 摂氏零下一五〇度程度から零下二七三度(絶対零度)における物質の独特の性質や動きを応用しようとする工学分野。気体の液化や超伝道・超流動などの現象を扱う極低温工学をいうことが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android