コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住友友信 すみとも とものぶ

2件 の用語解説(住友友信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住友友信 すみとも-とものぶ

1647-1706 江戸時代前期の豪商。
正保(しょうほ)4年生まれ。住友友以(とももち)の5男。住友家3代。天和(てんな)元年備中(びっちゅう)吉岡銅山の開発に着手,経営は困難であったが産銅業者としての基礎をきずく。弟友貞の両替店の失敗で,貞享(じょうきょう)2年隠居,子の4代友芳(ともよし)を後見。宝永3年8月17日死去。60歳。大坂出身。通称は吉左衛門。屋号は泉屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

住友友信

没年:宝永3.8.17(1706.9.23)
生年:正保4(1647)
江戸前期の豪商,銅山師。住友家3代。通称吉左衛門。以後17代までのうち9代が吉左衛門を称する。父友以の没後16歳で家督相続。銅精錬,銅輸出を継承し,銅鉱業にも進出。吉岡銅山,幸生銅山などを稼行。貞享1(1684)年,分家して両替商となっていた弟友貞の身上分散に連座して翌年隠居し甚兵衛と称する。若年の相続者友芳を助け,元禄4(1691)年別子銅山の稼行請負に成功する。和歌,狂歌,絵画をよくし,紀海音から友信三十三回忌追悼和歌集序文に「故住友氏友信は難波の人傑とや」とたたえられた。<参考文献>住友修史室編『泉屋叢考』7輯

(今井典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住友友信の関連キーワード壬生基起住友吉左衛門住友財閥別子銅山淀屋切上り長兵衛住友友善茶屋四郎次郎(4代)広岡久右衛門(8代)安田長兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone