コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉広夏 すみよし ひろなつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住吉広夏 すみよし-ひろなつ

1641-1730 江戸時代前期-中期の画家。
寛永18年生まれ。住吉如慶(じょけい)の次男。出家して鶴洲(かくしゅう)と号し,讃岐(さぬき)高松藩主松平頼重(よりしげ)にまねかれ,仏画,人物,花鳥をえがいた。享保(きょうほう)11年高松祥福寺(黄檗(おうばく)宗)の開山(かいさん)。作品に法然寺蔵「観世音功徳図」(重文)などがある。享保15年1月1日死去。90歳。初名は広次。通称は内蔵允。法名は元翯(げんこう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

住吉広夏の関連キーワード徳川吉宗コリャードコリャード照山修理オランダ風説書ピューリタン革命深見十左衛門ベルファスト江戸時代(年表)江村如圭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android