コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉広夏 すみよし ひろなつ

1件 の用語解説(住吉広夏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住吉広夏 すみよし-ひろなつ

1641-1730 江戸時代前期-中期の画家。
寛永18年生まれ。住吉如慶(じょけい)の次男。出家して鶴洲(かくしゅう)と号し,讃岐(さぬき)高松藩主松平頼重(よりしげ)にまねかれ,仏画,人物,花鳥をえがいた。享保(きょうほう)11年高松祥福寺(黄檗(おうばく)宗)の開山(かいさん)。作品に法然寺蔵「観世音功徳図」(重文)などがある。享保15年1月1日死去。90歳。初名は広次。通称は内蔵允。法名は元翯(げんこう)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

住吉広夏の関連キーワードコリャード照山修理江村如圭前古典派音楽平戸オランダ商館吉良義央詩仙堂星室庁泉岳寺三筋町

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone