コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住蓮 じゅうれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住蓮 じゅうれん

?-1207 鎌倉時代の僧。
浄土宗。法然(ほうねん)の弟子。声明(しょうみょう)にすぐれる。建永元年京都鹿ケ谷で遵西(じゅんさい)とともに六時礼讃の念仏をとなえる。後鳥羽(ごとば)上皇のふたりの女房(松虫,鈴虫)がそれに感化されて出家したため,上皇の怒りをかい,建永2年2月9日近江(おうみ)(滋賀県)馬淵荘(まぶちのしょう)で死罪となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

住蓮の関連キーワード松虫・鈴虫真田本城鎌倉時代法然院浄土宗源空

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住蓮の関連情報