遵西(読み)じゅんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遵西 じゅんさい

?-1207 鎌倉時代の僧。
浄土宗。法然(ほうねん)の弟子。声明(しょうみょう)にすぐれる。建永元年京都鹿ケ谷で住蓮とともに六時礼讃の念仏をとなえる。後鳥羽(ごとば)上皇のふたりの女房(松虫,鈴虫)がそれに感化されて出家したため,上皇の怒りをかい,建永2年2月9日六条河原で死罪となった。法然も土佐に流罪となった。俗名は中原師広。号は安楽房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android