コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木二六 ささき にろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木二六 ささき-にろく

1857-1935 明治-昭和時代前期の陶工。
安政4年生まれ。人形師から陶工に転じ,全国の陶器生産地をたずね,掘込細工という方法を案出,明治35年二六焼を創始した。作品は37年内国勧業博覧会でみとめられ,昭和3年の天皇即位の式典で愛媛県の献上品とされた。昭和10年12月死去。79歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。本名は六太郎。代表作に「万年青(おもと)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木二六の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏インドの大反乱ケクレ稲垣浩

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone