コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木愚山 ささき ぐざん

1件 の用語解説(佐々木愚山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木愚山 ささき-ぐざん

1823-1896 幕末-明治時代の儒者。
文政6年1月11日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)足利(あしかが)学校都講をへて,上野(こうずけ)(群馬県)安中藩校造士館の教授をつとめた。明治5年榛名山麓で私塾をひらくとともに,県内各地に出張講義した。明治29年9月14日死去。74歳。陸奥(むつ)牡鹿郡(宮城県)出身。名は溥(ひろし)。字(あざな)は子淵。著作に「日新録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐々木愚山の関連キーワード頼支峰大村桐陽河村真六林鶯渓林双橋平松旦海三輪田高房桃節山吉田拡斎渡辺碩也

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone