コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木方壺 ささき ほうこ

1件 の用語解説(佐々木方壺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木方壺 ささき-ほうこ

?-1833 江戸時代後期の儒者。
播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩士佐々木六郎の子。菊池衡岳(こうがく),亀井南冥(かめい-なんめい)にまなぶ。尾張(おわり)名古屋藩木曾代官山村蘇門(そもん)にまねかれ,武居敬斎(たけい-けいさい)らと郷校を創設。書にすぐれ,奇行のおおいことで知られた。天保(てんぽう)4年70歳余で死去。別姓は渡辺。名は礼。字(あざな)は伯厚,伯高。詩集に「忘形集」(蘇門との共著)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木方壺の関連キーワード島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉天理教(てんりきょう)フォークランド戦争ノーベル賞

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone