コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木方壺 ささき ほうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木方壺 ささき-ほうこ

?-1833 江戸時代後期の儒者。
播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩士佐々木六郎の子。菊池衡岳(こうがく),亀井南冥(かめい-なんめい)にまなぶ。尾張(おわり)名古屋藩の木曾代官山村蘇門(そもん)にまねかれ,武居敬斎(たけい-けいさい)らと郷校を創設。書にすぐれ,奇行のおおいことで知られた。天保(てんぽう)4年70歳余で死去。別姓は渡辺。名は礼。字(あざな)は伯厚,伯高。詩集に「忘形集」(蘇門との共著)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木方壺の関連キーワード渡辺方壺儒者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android