佐々木時信(読み)ささき ときのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木時信 ささき-ときのぶ

1306-1346 鎌倉時代の武将。
徳治元年生まれ。佐々木(六角)盛綱(もりつな)の子。祖父頼綱(よりつな)の養子。近江(おうみ)守護。後醍醐(ごだいご)天皇の討幕計画に呼応した延暦寺(えんりゃくじ)衆徒とたたかい敗走。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年足利尊氏の六波羅(ろくはら)攻めの際,探題北条仲時らが自刃(じじん)する直前に降伏した。貞和(じょうわ)2=興国7年8月26日死去。41歳。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android