コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間左馬太 さくま さまた

2件 の用語解説(佐久間左馬太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間左馬太 さくま-さまた

1844-1915 幕末-大正時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)15年10月10日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。佐久間家の養子となる。大村益次郎(ますじろう)に西洋兵術をまなび,戊辰(ぼしん)戦争,台湾出兵,西南戦争で軍功をたてた。日清(にっしん)戦争では威海衛作戦に参加。明治31年陸軍大将。39年台湾総督。大正4年8月5日死去。72歳。本姓は岡村。名は直矩。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐久間左馬太

没年:大正4.8.5(1915)
生年:弘化1.10.10(1844.11.19)
明治期の陸軍軍人。萩(長州)藩士岡村孫七の次男。佐久間竹之丞の養子。奇兵隊から身を起こし,大村益次郎に西洋兵術を学ぶ。慶応2(1866)年第2回長州征討の際,長州軍の大隊長を務めた。明治5(1872)年陸軍大尉に任ぜられ,7年の台湾出兵に加わる。日清戦争では仙台の第2師団長を務め威海衛を攻略。遼東半島の占領地総督などを経て31年大将に進んだ。37年東京衛戍総督。39年から大正4(1915)年まで台湾総督の地位にあり,現地住民の抵抗を抑えて,交通,通信,教育機関などの整備を推し進めた。少将時代は一升酒を飲み,明治天皇から「一升少将と呼ぼう」といわれ,「陛下畏れ入りますが一生(一升)少将では困ります,せめて中将位までは…」と答えたという。40年に伯爵。<参考文献>松下芳男『日本軍閥の興亡』,台湾救済団編『佐久間左馬太

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐久間左馬太の関連キーワード大島義昌岡市之助岡沢精河村正彦児島惣次郎坂田虎之助土屋光春畑英太郎真鍋斌山岡熊治