コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯大目 さえきの おおめ

1件 の用語解説(佐伯大目の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯大目 さえきの-おおめ

?-691 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱のとき大海人(おおあまの)皇子(天武(てんむ)天皇)の舎人(とねり)として東国にゆく。持統天皇5年9月死去。直大二(じきだいに)の位をおくられる。のち大宝禄令により,大目にあたえられていた功封80戸の4分の1を子につたえることがゆるされた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐伯大目の関連キーワード宮城県農業高校川島皇子百済王善光慈訓石上氏川島皇子建御名方神川島皇子村内美術館東寺宝物館

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone