コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐枝尹重 さえだ・のぶしげ

1件 の用語解説(佐枝尹重の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

佐枝尹重

没年:寛保2.5.20(1742.6.22)
生年:承応3(1654)
江戸中期の兵学者。長沼流兵学者。通称は政之進。字を原父,砕玉軒と号した。尾張(名古屋)藩に生まれ,長ずるにおよんで播州明石(明石市)に長沼宗敬を訪ねて兵法の伝授を受けた。元禄1(1688)年,師から印可を得て江戸に赴き,長沼流兵学の門戸を構える。その門に遊ぶもの3000人と盛況を誇った。のち師伝の兵学を増補充実させることによって,尾張以東における長沼流兵学の隆盛に大きな役割を果たしたが,師説に反する著述が多く,長沼流から乖離しているとの批判もある。<著作>『鉄砲茶話』『兵要録不審問答』

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐枝尹重の関連キーワード伊賀風山市川一学荻野松眠斎佐枝政之進渋川伴五郎(3代)近松茂矩長沼宗敬深井象山宮川忍斎森山富涯

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone