コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐瀬得所 させ とくしょ

1件 の用語解説(佐瀬得所の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐瀬得所 させ-とくしょ

1822-1878 幕末-明治時代の書家。
文政5年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)の人。おさないころから書にしたしみ,欧陽詢(おうよう-じゅん),趙子昂(ちょう-すごう)らの書をまなぶ。清(しん)(中国)へ留学ののち,東京で子弟におしえた。明治11年1月2日死去。57歳。名は恒。字(あざな)は子象。通称は八太夫。別号に松城。著作に「楷書楽志論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐瀬得所の関連キーワード真珠岩東京(都)柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone