コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐瀬得所 させ とくしょ

1件 の用語解説(佐瀬得所の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐瀬得所 させ-とくしょ

1822-1878 幕末-明治時代の書家。
文政5年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)の人。おさないころから書にしたしみ,欧陽詢(おうよう-じゅん),趙子昂(ちょう-すごう)らの書をまなぶ。清(しん)(中国)へ留学ののち,東京で子弟におしえた。明治11年1月2日死去。57歳。名は恒。字(あざな)は子象。通称は八太夫。別号に松城。著作に「楷書楽志論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐瀬得所の関連キーワード遠山蘆山石井潭香小西有実関雪江妹尾徳風高林二峰新岡旭宇平戸星洲巻菱潭森田幸恒

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone