コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐瀬熊鉄 させ くまてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐瀬熊鉄 させ-くまてつ

1866*-1929 明治-大正時代の医師,政治家。
慶応元年12月10日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)家老一瀬要人の次男。明治27年朝鮮にわたる。韓国警務庁医務・監獄署医務などをつとめるが,28年閔妃(ミンビ)暗殺事件に連座。35年衆議院議員(憲政本党)。朝鮮の産業開発などに生涯をささげた。昭和4年9月5日死去。65歳。海軍軍医学校卒。号は石鴎。
【格言など】鳴かず飛ばず石に化しゆく鴎哉(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐瀬熊鉄の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android