コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐田白茅 さだ はくぼう

2件 の用語解説(佐田白茅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐田白茅 さだ-はくぼう

1833*-1907 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)3年12月10日生まれ。佐田竹水の長男。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,尊攘(そんじょう)運動にくわわる。明治2年外務省にはいり,朝鮮に派遣され,翌年帰国。征韓の建白書を提出したが,4年に辞職した。晩年は史談会幹事。明治40年10月4日死去。76歳。名は直寛。通称は素一郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐田白茅

没年:明治40.10.4(1907)
生年:天保3.12.10(1833.1.30)
征韓論を唱えた尊攘派出身の外務大録。素一郎と称し白茅,間放と号す。久留米藩士佐田修平の長男。嘉永5(1852)年,江戸で昌平黌に学び,安政3(1856)年,羽倉外記に入門。翌年,帰国,公子伴読。同6年,藩校明善堂寮長。尊攘運動に邁進し文久3(1863)年,藩より士籍を除かれた。明治1(1868)年2月,帰藩,8月,中央政府軍務官判事試補,続いて徴士,大坂湾防御の参謀となる。明治1,2年,征韓論を太政官に建白。同2年秋,外務省に転じ,朝鮮に赴き対朝鮮外交の実情を調査。翌年3月に征韓論を献策,外務大録。同4年に辞官。のちに『明治詩文』編集や史談会幹事として活動。

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐田白茅の関連キーワード丸山作楽細合半斎代理公使異を唱える外務卿外務大臣台湾出兵EU外務大臣素一歩林助

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone