コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹忠義 さたけ ただよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹忠義 さたけ-ただよし

?-1180 平安時代後期の武将。
佐竹昌義(まさよし)の子。常陸大掾(ひたちだいじょう)氏をつぎ,弟の佐竹隆義(たかよし)とともに,常陸(茨城県)の奥七郡を領した。保元(ほうげん)・平治(へいじ)の乱では平氏方につき,治承(じしょう)4年源頼朝の挙兵にも参陣しなかったため,同年11月4日頼朝軍に討たれたという。通称は太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐竹忠義の関連キーワード佐竹昌義

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android