佐竹永陵(読み)さたけ えいりょう

美術人名辞典の解説

佐竹永陵

日本画家。東京生。旧姓は黒田、名は銀十郎、別号に写山画房・巍々堂。佐竹永湖に師事し南北合派を学びのち師家を継ぐ。日本画会の結成に参加し、また松林桂月らと日本南宗画会を結成した。文展開設では旧派の正派同志会の結成に幹事として参加した。また制作のかたわら谷文晁の画風の研究・鑑定も手がけた。日本美術協会委員。昭和12年(1937)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹永陵 さたけ-えいりょう

1872-1937 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治5年5月5日生まれ。佐竹永湖に師事し,その養子となる。日本美術協会,日本画会,文展などに出品して受賞。明治39年日本南宗画会を松林桂月らと結成。昭和12年1月8日死去。66歳。東京出身。旧姓は黒田。本名は銀十郎。作品に「夏景山水・冬景山水」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android