コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤三右衛門 さとう さんえもん

2件 の用語解説(佐藤三右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤三右衛門 さとう-さんえもん

1629-1696 江戸時代前期の塩田開発者。
寛永6年生まれ。陸奥(むつ)本吉郡(宮城県)の人。天和(てんな)3年製鉄法の見学のため播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)にでかけた際,播州流の製塩法をまなぶ。帰郷後,仙台藩領波路上(はじかみ)(気仙沼市)塩田の開発をはじめ,元禄(げんろく)のころ約6haの塩田を完成。高品質で効率のよい製塩がおこなわれた。元禄9年死去。68歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤三右衛門

没年:元禄9(1696)
生年:寛永6(1629)
江戸初期の製鉄職人(荒鉄吹方)。播州(兵庫県)赤穂流の製塩技法を仙台藩波路上(気仙沼市)に導入した。陸前(宮城県)本吉郡馬籠村の生まれ。天和3(1683)年2月帯刀御免で仙台を出発した三右衛門ほか2名は,中国流荒鉄吹方の見分を兼ね,下総から伊勢を視察し,5月末まで赤穂に逗留した。ここで入浜塩田と製塩石釜の築調法を学び,2名の熟練者を伴って帰国,波路上塩田の干拓に着手した。翌4年には実弟五郎七らを赤穂に派遣し,さらに2名を雇い工事指導に当たらせた。元禄3(1690)年には6町7反歩の波路上塩田を完成させた。これによってそれまでの海水直煮法の3倍の成果があったという。<参考文献>廣山堯道『赤穂塩業史』

(廣山堯道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤三右衛門の関連キーワード冷泉為頼奈良派松の葉げす古薩摩製鉄所伯庵播州職人尽し絵佐藤信治

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone