コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤伊三右衛門 さとう いさえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤伊三右衛門 さとう-いさえもん

1826-1895 幕末-明治時代の商人。
文政9年10月生まれ。嘉永(かえい)2年蝦夷地松前にわたり,叔父の木綿商升屋栄五郎の店を経営。翌年からニシン漁をおこない,6年から明治2年までヲタスツ(歌棄)・イソヤ(磯谷)場所請負人となる。明治28年3月死去。70歳。陸奥(むつ)信夫郡(福島県)出身。名は栄右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤伊三右衛門

没年:明治28.3(1895)
生年:文政9.10(1826)
幕末維新期の蝦夷地歌棄・磯谷場所の請負人。陸奥国信夫郡飯坂村(福島県)の伊左衛門の3男。幼名重三郎。はじめ栄右衛門,隠居後は伊三右衛門を名乗った。嘉永2(1849)年松前に渡り,木綿商の叔父の養子となり升屋栄五郎店の経営に当たった。翌年西蝦夷地で鰊漁を始め,嘉永6年より歌棄・磯谷場所の請負人として明治2(1869)年まで活動した。佐藤家は松方デフレ期に干場や漁具を集積して建網場20数カ所を所有する大漁業家になり,その後寿都銀行の頭取を出している。場所請負人から地場資本家に転身しえた好例といえよう。<参考文献>「佐藤家文書」(北海道大学北方資料室蔵)

(中西聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐藤伊三右衛門の関連キーワードソーラン節

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android