コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤勝三郎 さとう かつさぶろう

2件 の用語解説(佐藤勝三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤勝三郎 さとう-かつさぶろう

1854*-1933 明治-大正時代の園芸家。
嘉永(かえい)6年12月27日生まれ。陸奥(むつ)津軽郡(青森県)の人。明治17年洗礼をうける。翌年株式組織の敬業社を藤崎村に設立。約78haのリンゴ園を経営して西洋リンゴの普及につとめた。20年藤崎教会を新築。のち陸奥鉄道取締役。昭和8年11月7日死去。81歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤勝三郎

没年:昭和8.11.7(1933)
生年:嘉永6(1853)
明治期りんご栽培・販売の先覚者。青森県南津軽郡藤崎町生まれ。明治17(1884)年,キリスト教信者となり,20年,藤崎メソジスト教会を設立。教会に集まった長谷川誠三らを中心として,ジョン・イングに師事して西洋りんご栽培を志し,同18年,株式会社敬業社を設立した。佐藤はりんごの栽培から販売まで担当し,青森・函館・横浜などに出荷して経営実績を上げたが,27年ごろからりんごの病虫害に悩まされるようになり,34年,敬業社はついに解散した。佐藤は,りんごを明治天皇に献上するなどして普及に努めた。その他政界では郡会議員を務め,実業界では陸奥鉄道の設立にも貢献し,その取締役にも就任した。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤勝三郎の関連キーワード先覚者平川弘前菊池楯衛木村甚弥楠美冬次郎渋川伝次郎島善鄰対馬竹五郎外崎嘉七

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone