佐藤玄雪(読み)さとう げんせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤玄雪 さとう-げんせつ

?-1870 幕末の医師。
越後(えちご)(新潟県)三条の代々の医家に生まれる。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい),篠崎小竹(しょうちく)に漢学をまなぶ。帰郷後は家塾をひらき,のち医業に専念した。書画詩文もよくした。明治3年7月4日死去。名は輿。字(あざな)は子衡。号は小雪,随所,種徳堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android