佐藤貞寄(読み)さとう さだより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤貞寄 さとう-さだより

1771-1838 江戸時代後期の国学者。
明和8年2月2日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。大菅南坡(おおすが-なんば),村田泰足(やすたり)にまなぶ。寛政11年藩校稽古館の設立とともに素読方となる。のち目付,郡代官。和漢の学に通じ,和歌にもすぐれた。天保(てんぽう)9年5月6日死去。68歳。本姓宇多。字(あざな)は子純。通称は左内,隼人など。号は松園。著作に「井家美談」,歌集に「松園歌集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android