コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野孫右衛門 さの まごえもん

2件 の用語解説(佐野孫右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野孫右衛門 さの-まごえもん

?-1881 幕末-明治時代の漁業家。
蝦夷(えぞ)地(北海道)松前の人。安政のころから樺太(からふと)や釧路周辺の漁場開発を手がける。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍の箱館進入の便をはかる。維新後は釧路への移民をすすめ,同地の発展につくした。明治14年死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐野孫右衛門

没年:明治14(1881)
生年:生年不詳
幕末維新期の釧路場所請負人,漁場持。釧路昆布業の基礎を築いた。幼名喜与作。孫右衛門は世襲名,その4代目。初代は越後国(新潟県)寺泊の出身で,天明年間(1781~89)松前に渡り,城下唐津内町で米屋と号し,寛政年間(1789~1801)より釧路場所を請け負った。4代孫右衛門は安政3(1856)年家督を相続,翌年南部地方より漁民120名余を釧路に移住させた。戊辰戦争では官軍の箱館港進入に便をはかり,維新後は自ら釧路に移住,移民200戸を移住させた。その後釧路の漁場持として活躍。明治11(1878)年函館の第百十三国立銀行設立に尽力。翌年漁場を広業商会に譲渡して,漁業より撤退した。<参考文献>御子柴夢斎『釧路漁場開祖米屋の事績』

(中西聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐野孫右衛門の関連キーワード釧路支庁釧路市釧路川釧路炭田釧路平野釧路湿原国立公園請負人釧路釧路空港佐藤伊三右衛門

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone