コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体言止(め) タイゲンドメ

デジタル大辞泉の解説

たいげん‐どめ【体言止(め)】

和歌・俳諧などで、最後の句を体言で終わらせること。余韻余情を生じさせる効果がある。「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天(あま)の香具山(かぐやま)」〈新古今・夏〉の類。名詞止め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

体言止(め)の関連キーワード新古今和歌集新古今調詠嘆法和歌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android