関屋(読み)せきや

精選版 日本国語大辞典「関屋」の解説

せき‐や【関屋】

[1] 〘名〙 関守(せきもり)の住む家。関守の番小屋。また、関所の建物。
※蜻蛉(974頃)上「逢坂のせき屋なになりちかけれどこえわびぬればなげきてぞふる」
※義経記(室町中か)七「愛発(あらち)の山のせき屋を拵へて、夜三百人、昼三百人の関守を据ゑて」
[2]
[一] 「源氏物語」第一六帖の名。光源氏二九歳の九月末前後。源氏は石山寺へ参詣の途中、逢坂の関屋付近で、夫常陸介(ひたちのすけ)について上洛する空蝉(うつせみ)の一行と行きちがい、往時を思う。やがて常陸介は死に、空蝉は出家する。
[二] 隅田川の左岸にあった古村名。現在の東京都足立区千住関屋町の一帯にあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android