コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余目(あまるめ)ねぎ

デジタル大辞泉プラスの解説

余目(あまるめ)ねぎ

宮城県仙台市で生産されるネギ。浅い土で横倒しにして栽培するため、白根部分が湾曲した独特の形状となる。同市宮城野区岩切の余目地区発祥。明治期に篤農家の永井一氏が創出したとされる。スローフード協会により「味の箱舟」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

余目ねぎ[葉茎菜類]
あまるめねぎ

東北地方、宮城県の地域ブランド。
仙台市宮城野区の余目地区発祥の伝統野菜。現在では仙台市各地で生産されている。仙台の曲がりねぎの一種。余目地区では水位が高く、立ちねぎの栽培が困難だったため、曲がりねぎの栽培が考案された。曲がりねぎの栽培には、栽培中のねぎを一度抜き取って約30度の角度をつけて寝かせる「やとい」と呼ばれる独特の作業がある。余目ねぎの最大の特徴は、やといによって湾曲した軟白部分の外側にしわができるところ。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

余目(あまるめ)ねぎの関連キーワード宮城県仙台市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android