余目(読み)あまるめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

余目
あまるめ

山形県北西部,庄内町北部の旧町域。庄内平野の中央部にある。 1918年町制。 1954年大和村,栄村,常万村,八栄里村,十六合村と合併。 2005年立川町と合体して庄内町となった。地名は古来の名称である余戸 (あまるべ) のあて字といわれる。中世の豪族屋敷村から発達。庄内平野は水田が広く,庄内米の産地で余目はその集散地の一つ。醸造業も行なわれる。 1960年油田が発見された。天然ガスの埋蔵量も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

余目
あまるめ

山形県北西部、東田川郡にあった旧町名(余目町(まち))。現在は庄内(しょうない)町の北部を占める地域。旧余目町は、1918年(大正7)町制施行。1954年(昭和29)大和(やまと)、常万(じょうまん)、十六合(いざあい)、栄、八栄里(やえさと)の5村と合併。2005年(平成17)立川(たちかわ)町と合併して庄内町となった。地名は郷里制に由来する余戸(あまるべ)(部)による。最上(もがみ)家領有期の1612年(慶長17)北楯大学(きただてだいがく)の開削した北楯大堰(おおぜき)によって、最上川左岸一帯は5000ヘクタールに及ぶ開田や多くの新村が成立した。水田率が100%近い米作単作地帯で、養豚や花卉(かき)栽培も行われる。中心の余目はJR羽越本線と陸羽西線の分岐点で、庄内町役場の所在地でもある。かつては庄内米の積出し地として栄え、庄内中部の商工業の小中心地。国道47号が通じる。余目油田があり、天然ガスの利用も盛んである。正月、千河原八幡(ちがわらはちまん)の「やや祭」がある。[中川 重]
『『余目町誌年表』(1969・余目町) ▽『余目町史』上下(1985~1990・余目町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余目の関連情報