コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余目 あまるめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

余目
あまるめ

山形県北西部,庄内町北部の旧町域。庄内平野の中央部にある。 1918年町制。 1954年大和村,栄村,常万村,八栄里村,十六合村と合併。 2005年立川町と合体して庄内町となった。地名は古来の名称である余戸 (あまるべ) のあて字といわれる。中世の豪族屋敷村から発達。庄内平野は水田が広く,庄内米の産地で余目はその集散地の一つ。醸造業も行なわれる。 1960年油田が発見された。天然ガスの埋蔵量も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

余目
あまるめ

山形県北西部、東田川郡にあった旧町名(余目町(まち))。現在は庄内(しょうない)町の北部を占める地域。旧余目町は、1918年(大正7)町制施行。1954年(昭和29)大和(やまと)、常万(じょうまん)、十六合(いざあい)、栄、八栄里(やえさと)の5村と合併。2005年(平成17)立川(たちかわ)町と合併して庄内町となった。地名は郷里制に由来する余戸(あまるべ)(部)による。最上(もがみ)家領有期の1612年(慶長17)北楯大学(きただてだいがく)の開削した北楯大堰(おおぜき)によって、最上川左岸一帯は5000ヘクタールに及ぶ開田や多くの新村が成立した。水田率が100%近い米作単作地帯で、養豚や花卉(かき)栽培も行われる。中心の余目はJR羽越本線と陸羽西線の分岐点で、庄内町役場の所在地でもある。かつては庄内米の積出し地として栄え、庄内中部の商工業の小中心地。国道47号が通じる。余目油田があり、天然ガスの利用も盛んである。正月、千河原八幡(ちがわらはちまん)の「やや祭」がある。[中川 重]
『『余目町誌年表』(1969・余目町) ▽『余目町史』上下(1985~1990・余目町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

余目の関連キーワード庄内町内藤秀因水彩画記念館姓名/日本のおもな姓氏庄内町歴史民俗資料館山形県東田川郡庄内町奥の細道最上川ライン羽越線脱線事故立川(山形県)倫祐(初代)倫祐(2代)庄内[町]庄内(町)福島(市)阿部 亀治立川〈町〉余目[町]篠川御所奥州探題羽越本線羽州探題伊達政宗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余目の関連情報