コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作並鳳泉 さくなみ ほうせん

1件 の用語解説(作並鳳泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

作並鳳泉 さくなみ-ほうせん

1841-1915 幕末-大正時代の儒者。
天保(てんぽう)12年2月16日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。藩校養賢堂で大槻習斎にまなび,のち養賢堂でおしえる。明治4年伊達家の家令となり,伊達家の系譜「伊達略系」を編修した。大正4年7月21日死去。75歳。名は清亮。字(あざな)は采卿。通称は亮之進。著作に「東藩史稿」「松島勝譜」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

作並鳳泉の関連キーワード高校野球天保の改革スピロサイトウィリアムHハリソン田代毅軒名見崎徳治(3代)河東節管理学消防自動車野球

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone