コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作並鳳泉 さくなみ ほうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

作並鳳泉 さくなみ-ほうせん

1841-1915 幕末-大正時代の儒者。
天保(てんぽう)12年2月16日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。藩校養賢堂で大槻習斎にまなび,のち養賢堂でおしえる。明治4年伊達家の家令となり,伊達家の系譜「伊達略系」を編修した。大正4年7月21日死去。75歳。名は清亮。字(あざな)は采卿。通称は亮之進。著作に「東藩史稿」「松島勝譜」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

作並鳳泉の関連キーワード大正時代天保儒者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android