コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清亮 セイリョウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐りょう〔‐リャウ〕【清×亮】

[名・形動]音などが清らかで澄んでいること。また、そのさま。「清亮な音色」
[ト・タル][文][形動タリ]音などの澄んでいるさま。「虫の音が清亮として響く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清亮 せいりょう

1807-1870* 江戸時代後期の画僧。
文化4年生まれ。月峰の子。義亮の弟。京都東山の双林寺の住職。池大雅門下の父の画風をついで山水花草をよくし,東山大雅堂をいとなんだ。天保(てんぽう)10年刊「嵐山風雅集」に作品がのこる。明治2年12月19日死去。63歳。字(あざな)は大虚。別号玉嶺,葛原迂叟。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清亮の関連キーワード東京都足立区日ノ出町伊達氏治家記録佐藤卯兵衛槍かけの松田村 宗立大雅堂定亮内田銀蔵作並鳳泉上原 謙三沢初子上原謙画僧

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android