例の(読み)れいの

精選版 日本国語大辞典「例の」の解説

れい【例】 の

① いつもの通りに。いつものように。によって。多く、副詞的に用いる。
※竹取(9C末‐10C初)「日暮るるほど、れいの集まりぬ」
② 以前からの経過に照らして了解ずみである特定の物事や人をさしていう。
※黄表紙・長生見度記(1783)「今夜は新造買の明日までぐい寝にせう。貴公は例のであらう」

れい‐の【例の】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「例の」の解説

れい

話し手・聞き手の双方が知っている人や事柄を指す。
㋐いつもの。ふだんの。「例の顔ぶれ」「例の調子」
㋑この前の。あの。「例の客」「例の話」
(副詞的に用いて)いつものように。例によって。
「日暮るるほど、―集まりぬ」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android