コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例の レイノ

3件 の用語解説(例のの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

例(れい)の

話し手・聞き手の双方が知っている人や事柄を指す。
㋐いつもの。ふだんの。「例の顔ぶれ」「例の調子」
㋑この前の。あの。「例の客」「例の話」
(副詞的に用いて)いつものように。例によって。
「日暮るるほど、―集まりぬ」〈竹取

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

れいの【例の】

いつものように。例によって。多く、副詞的に用いる。 「御笛ども吹きすさびておはすれば、おとど-聞き過ぐし給はで、高麗笛取り、いで給へり/源氏 末摘花
すでによくわかっている特定の物事や人をさしていう。 「貴公は-であらう/黄表紙・長生見度記」 → 例の(連体)

れいの【例の】

( 連体 )
話し手と聞き手とが、すでによく知っている話題について具体的な表現を用いずに述べる場合にいう。
いつもの。 「 -とおり」 「彼は-調子でしゃべりだした」
くだんの。あの。 「 -件はどうなった?」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

例のの関連キーワード人称ああ彼処彼の方あんな此の人話し手不定称其処

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

例のの関連情報