コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例の レイノ

デジタル大辞泉の解説

例(れい)の

話し手・聞き手の双方が知っている人や事柄を指す。
㋐いつもの。ふだんの。「例の顔ぶれ」「例の調子」
㋑この前の。あの。「例の客」「例の話」
(副詞的に用いて)いつものように。例によって。
「日暮るるほど、―集まりぬ」〈竹取

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいの【例の】

いつものように。例によって。多く、副詞的に用いる。 「御笛ども吹きすさびておはすれば、おとど-聞き過ぐし給はで、高麗笛取り、いで給へり/源氏 末摘花
すでによくわかっている特定の物事や人をさしていう。 「貴公は-であらう/黄表紙・長生見度記」 → 例の(連体)

れいの【例の】

( 連体 )
話し手と聞き手とが、すでによく知っている話題について具体的な表現を用いずに述べる場合にいう。
いつもの。 「 -とおり」 「彼は-調子でしゃべりだした」
くだんの。あの。 「 -件はどうなった?」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

例のの関連キーワード多胎妊娠のおこる頻度例によって例の如しみそぼらしい他でもない恥ぢしらふ此れぞこの此れやこの時しもあれ隠蔽的擬態思ひ晴るく差し過ぎ人此れぞ此のところへ御酒機嫌罪避り所折知り顔紅葉賀抜放す宵惑い微苦笑

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

例のの関連情報