依怙贔屓(読み)エコヒイキ

  • 依×怙×贔×屓

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)自分の気に入ったものだけの肩をもつこと。「女子学生を依怙贔屓する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
自分の気にいっている者や、関係のある者だけの肩をもつこと。 おやぢは頑固だけれども、そんな-はせぬ男だ/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 自分の気に入りの者や関係のある者だけの肩をもつこと。
※信長記(1622)一上「御心緒万機に暁、第一無欲にして、御心に依怙贔屓(エコヒイキ)おはしまさず」
[語誌]→「えこ(依怙)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

自分の気に入りの者や関係のある者だけのをもつこと。

[使用例] おやじはがんだけれども、そんな依怙贔負はせぬ男だ[夏目漱石*坊っちゃん|1906]

[使用例] それでも、きざに、とりすまして、その三種類の外国煙草を、依怙贔屓なく、一本ずつ、順々に吸ってみる[太宰治*秋風記|1939]

[解説] 「依怙」は、本来は頼る・頼むで、また「贔屓」も本来は「大いに力を入れること」の意味でしたが、「依怙」「贔屓」どちらも「自分の気に入った者に特に力添えすること」の意味に転じ、重ねて用いられるようになりました。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

依怙贔屓の関連情報