コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

贔屓/贔負 ヒイキ

デジタル大辞泉の解説

ひい‐き【××屓/×負】

[名](スル)《「ひき(贔屓)」の音変化》気に入った人を特に引き立てること。後援すること。また、引き立てる人。「同郷の力士を―にする」「弟のほうを―してかわいがる」「―の客」「―筋」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

贔屓

漢字の「贔」は重い荷物を背負う意味。一方「屓」は鼻で息をする意味。もとは「ヒキ」と発音され、重い荷物を持てるように息を荒くして力むという意味。それが「ヒイキ」に転じ、誰かを助けるために力むこと、自分の好ましく思う人をとくに引き立てること、という意味になった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

贔屓/贔負の関連キーワード桜川 ぴん助(初代)桂 米団治(3代目)坂東三津五郎(3代)市川団十郎(5代)藤植検校(初代)関三十郎(2代)山村らく(初代)手打ち・手討ち浜の家 お花三升屋二三治西山 金治郎関根 安中勢力富五郎松尾 サダ中村 喜春天保水滸伝贔屓・贔負田中 竹子競ひ・勢ひ高岡智照尼

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android