贔屓(読み)ヒイキ

とっさの日本語便利帳「贔屓」の解説

贔屓

漢字の「贔」は重い荷物を背負う意味。一方「屓」は鼻で息をする意味。もとは「ヒキ」と発音され、重い荷物を持てるように息を荒くして力むという意味。それが「ヒイキ」に転じ、誰かを助けるために力むこと、自分の好ましく思う人をとくに引き立てること、という意味になった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典「贔屓」の解説

ひ‐き【贔屓・贔

〘名〙 (「ひ」は「贔」の漢音)
① (形動) 盛んに力を出すこと。また、そのさま。
※霊異記(810‐824)下「是れ乃ち法花経の神力、観音の贔(ヒキ)なり〈真福寺本訓釈 贔 上比下音機反二合力起也〉」 〔張衡西京

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「贔屓」の解説

ひい‐き【××屓/×負】

[名](スル)《「ひき(贔屓)」の音変化》気に入った人を特に引き立てること。後援すること。また、引き立てる人。「同郷の力士を―にする」「弟のほうを―してかわいがる」「―の客」「―筋」
[類語]判官びいきえこひいき身びいき愛顧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android