コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依田孝 よだ たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

依田孝 よだ-たかし

1851-1903 明治時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)4年4月11日生まれ。明治12年山梨県会議員,同副議長。「峡中(こうちゅう)新報」の発刊にくわわり,当時の県政を批判。13年峡中同進会の総代として田辺有栄(ありひで)らと国会開設請願をおこなった。明治36年5月29日死去。53歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

依田孝の関連キーワード山岳写真古屋専蔵

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android