コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保税展示場 ほぜいてんじじょう

会計用語キーワード辞典の解説

保税展示場

保税地域の一種外国から本邦へ到着した貨物展示する会場として、税関長が許可した場所をいいます。この制度は、公的機関が行う外国商品の展示会や国際的な規模で行われる博覧会などの運営を円滑にするために、関税などを課さないままで、簡易な手続により展示したり、使用する場所として設けられたものです。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほぜい‐てんじじょう〔‐テンジヂヤウ〕【保税展示場】

国際博覧会や見本市などのため、関税を留保したまま外国製品を展示・使用できる場所として、税関長が許可した施設保税地域の一種。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保税展示場の関連キーワード総合保税地域国際博覧会通関業者保税制度

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android