信夫淳平(読み)しのぶ じゅんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信夫淳平 しのぶ-じゅんぺい

1871-1962 明治-昭和時代の国際法学者。
明治4年9月1日生まれ。信夫恕軒(じょけん)の長男。信夫韓一郎の父。外務省にはいり,総領事などをつとめ,大正6年退官。中華民国政府顧問,「新愛知」主筆などをへて,昭和26年早大教授となる。18年「戦時国際法講義」などで学士院恩賜賞。昭和37年11月1日死去。91歳。鳥取県出身。東京高商(現一橋大)卒。著作に「近代外交史論」「海上国際法論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android