コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信夫淳平 しのぶ じゅんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信夫淳平 しのぶ-じゅんぺい

1871-1962 明治-昭和時代の国際法学者。
明治4年9月1日生まれ。信夫恕軒(じょけん)の長男。信夫韓一郎の父。外務省にはいり,総領事などをつとめ,大正6年退官。中華民国政府顧問,「新愛知」主筆などをへて,昭和26年早大教授となる。18年「戦時国際法講義」などで学士院恩賜賞。昭和37年11月1日死去。91歳。鳥取県出身。東京高商(現一橋大)卒。著作に「近代外交史論」「海上国際法論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信夫淳平の関連キーワード廃藩置県みかんぐみ新教育高田藩北海道開拓郵便ポスト青森(市)角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎