コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信範 しんばん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信範 しんばん

1223-1296? 鎌倉時代の僧。
貞応(じょうおう)2年生まれ。真言宗。高野山正智院の道範の弟子となり,韻学を天台密教の承澄(しょうちょう)にまなぶ。建長4年(1252)新渡来の「韻鏡」(中国音韻の図表)を書写し,著書に利用した。永仁(えいにん)4年ごろ死去。74歳?通称は明了房。著作に「九弄十紐図」「悉曇字記聞書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

信範の関連キーワードヘテロジニアスネットワーク衛星コンステレーション兵範記(へいはんき)ストラトビジョンパーソナル無線データ中継衛星平氏(へいし)ローカル放送パッシブタグフェムトセル隠れ端末問題可視光通信無線LAN難視聴地域鎌倉時代平信範音韻学兵範記国語学貞応

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android