コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信託庁 しんたくちょうTreuhandanstalt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信託庁
しんたくちょう
Treuhandanstalt

1990年 10月の東西ドイツの統一に伴い,旧東ドイツ地域の旧国営企業を再建し,活性化するために設けられた民営化推進機関。信託庁の業務を規定しているのは 90年7月に旧東ドイツ人民議会が可決した「国民所有財産の民営化と再編成に関する信託法」によるが,統一後もこの信託法は有効である。信託庁はドイツ連邦の公的機関となり,連邦大蔵省の管理・監督を受けている。信託庁が民営化を推進すべき企業は約 8000社であるが,このうち 92年6月段階で約 6000社が売却されている。なお日本企業による買収はきわめて少ない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android