コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信託庁 しんたくちょうTreuhandanstalt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信託庁
しんたくちょう
Treuhandanstalt

1990年 10月の東西ドイツの統一に伴い,旧東ドイツ地域の旧国営企業を再建し,活性化するために設けられた民営化推進機関。信託庁の業務を規定しているのは 90年7月に旧東ドイツ人民議会が可決した「国民所有財産の民営化と再編成に関する信託法」によるが,統一後もこの信託法は有効である。信託庁はドイツ連邦の公的機関となり,連邦大蔵省の管理・監督を受けている。信託庁が民営化を推進すべき企業は約 8000社であるが,このうち 92年6月段階で約 6000社が売却されている。なお日本企業による買収はきわめて少ない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

信託庁の関連キーワード荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ印僑磯崎新海部俊樹内閣高松伸富岡多恵子ドイツ統一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android