信託法(読み)しんたくほう

百科事典マイペディア「信託法」の解説

信託法【しんたくほう】

信託の法的関係を一般的に規定する法律(1922年公布,1923年施行)。英米法をもとにして,はじめて信託の観念,信託関係,それに基づく権利関係を規定した。民法や商法に対しては特別法,信託については一般法の性格をもつ。→信託業法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の信託法の言及

【信託】より

…それだけ受益者の法的地位が強化されたわけであり,これが英米法系の諸国において信託を契約と並ぶ一般的な法制度として発展させたおもな原因である。日本では1905年の担保付社債信託法によって信託思想が導入され,22年の信託法および信託業法によって一般的な信託制度の法制化が実現した。
[信託の種類]
 信託には大別すると私益信託と公益信託の2種がある。…

※「信託法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android