コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修撰 シュウセン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐せん〔シウ‐〕【修×撰】

[名](スル)
文書を整え作ること。特に、史書を編集・撰述すること。編纂(へんさん)。「国史を修撰する」
中国で、史書の編述をつかさどる官。
明治初期の修史局の職員。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうせん【修撰】

文書を整理し、史書などを編むこと。
中国で、史書の編述をつかさどる官名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

修撰の関連キーワード唐大詔令集新五代史谷森善臣川田甕江紫家七論則天武后貞観の治清水良世図書寮端渓硯王庭筠五代史集古録王勃国史官名曽鞏李燾張謇史書

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android