コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧式目 ハイカイシキモク

デジタル大辞泉の解説

はいかい‐しきもく【俳諧式目】

俳諧連歌の方式・規則。江戸初期、松永貞徳連歌式目に準拠して定めたものに始まるという。俳諧式。俳式。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はいかいしきもく【俳諧式目】

俳諧興行の際の規則・作法。また、それらを記した書。「はなひ草」「毛吹草」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の俳諧式目の言及

【式目】より

…連歌,俳諧を制作する場合の規約,すなわち禁制と故実。平安末以降,鎖(くさり)連歌,長連歌が起こったが,それにともない式目に類する禁制,故実が求められ,連歌の盛行とともに,故実的な面は作法書となり,禁制的な面は式目となった。13世紀中ごろ以降,京都,鎌倉に二,三の式目が出現したが,1372年(文中1∥応安5)に二条良基が《応安新式》を定め,これが全国的規模で行われた。その後,一条兼良(かねら),宗砌(そうぜい),肖柏らによって増補改訂され,長く連歌の法典となったが,紹巴(じようは)の時代に全面的な検討が加えられ,1597年(慶長2)木食応其(もくじきおうご)の《無言抄》が成立,ひろく用いられた。…

※「俳諧式目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone