コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定座/定坐 ジョウザ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ざ〔ヂヤウ‐〕【定座/定×坐】

仏語。座して禅定(ぜんじょう)に入ること。
連歌・連句で、二大景物とされる月・を詠むことに決められた句の位置。例えば、百韻の初表(しょおもて)7句目を月の定座、歌仙初裏の11句目、名残の裏5句目を花の定座とするなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうざ【定座】

俳諧用語。連句一巻の中で,月・花の句をよむように指定された所。四季の景物を代表する月と花を,懐紙各折の表裏にもれなく配するための規定である。懐紙4折を用いる百韻では,各折に花,各折の表裏に月,ただし最後の折の裏の月は省略して〈四花七月〉とする制が連歌において定まった。懐紙2折を用いる歌仙では,これに準じて〈二花三月〉とした。ところが月・花ともに大事な景物なので,連衆が遠慮して譲りあい,各折各面の最後まで見送られてしまうことが多く,せっかくの景物を最後の短句によむのは惜しいので,一つ前の長句に落ち着いて,そこが定座となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定座/定坐の関連キーワードオイラーの運動方程式蔵元(琉球)定座・定坐非回転歪リムジンカマツカ名残の花匂いの花月の座花の座月の句茶扇銭座

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android