コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉富恒二郎 くらとみ つねじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉富恒二郎 くらとみ-つねじろう

1851-1891 明治時代の政治家。
嘉永(かえい)4年生まれ。倉富篤堂の子。倉富勇三郎の兄。草場佩川(はいせん),広瀬林外(りんがい)らに漢学をまなび,東京で法律をおさめる。郷里福岡で自由民権思想をとなえ,明治13年県会議員となる。「福岡日日新聞」(「西日本新聞」の前身)の創刊に参加した。明治24年8月死去。41歳。名は胤文。字(あざな)は伯錫。号は竜村

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

倉富恒二郎の関連キーワードニューヨーク・タイムズバーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャークアメリカズカップリゴレットウィン

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android