コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉富恒二郎 くらとみ つねじろう

1件 の用語解説(倉富恒二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉富恒二郎 くらとみ-つねじろう

1851-1891 明治時代の政治家。
嘉永(かえい)4年生まれ。倉富篤堂の子。倉富勇三郎の兄。草場佩川(はいせん),広瀬林外(りんがい)らに漢学をまなび,東京で法律をおさめる。郷里福岡で自由民権思想をとなえ,明治13年県会議員となる。「福岡日日新聞」(「西日本新聞」の前身)の創刊に参加した。明治24年8月死去。41歳。名は胤文。字(あざな)は伯錫。号は竜村。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

倉富恒二郎の関連キーワードリゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン大三輪長兵衛矢田部良吉矢田部良吉

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone