コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉淵玉鳳 くらふち ぎょくほう

1件 の用語解説(倉淵玉鳳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉淵玉鳳 くらふち-ぎょくほう

1780-1863 江戸時代後期の画家。
安永9年生まれ。淡路(あわじ)中島村(兵庫県西淡町)の人。岡田玉山にまなぶ。寛政10年帰郷して染物業をつぎ,のち酒造業を兼営。大作を得意とし,嘉永(かえい)3年法橋(ほっきょう)となる。晩年には俳諧(はいかい)をよくした。文久3年5月17日死去。84歳。名は由信。通称は竜左衛門。別号に淵竜,蛙堂,淵庚子。俳号は年々。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

倉淵玉鳳の関連キーワード中島名左衛門ティチング前古典派音楽少年文学売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎河上弥市芹沢鴨

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone