コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉淵玉鳳 くらふち ぎょくほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉淵玉鳳 くらふち-ぎょくほう

1780-1863 江戸時代後期の画家。
安永9年生まれ。淡路(あわじ)中島村(兵庫県西淡町)の人。岡田玉山にまなぶ。寛政10年帰郷して染物業をつぎ,のち酒造業を兼営。大作を得意とし,嘉永(かえい)3年法橋(ほっきょう)となる。晩年には俳諧(はいかい)をよくした。文久3年5月17日死去。84歳。名は由信。通称は竜左衛門。別号に淵竜,蛙堂,淵庚子。俳号は年々。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

倉淵玉鳳の関連キーワード武装中立同盟ペスタロッチグリュクスボー朝グリュックスボー朝中島名左衛門マリアテレジアティチングマリアテレジアコンディヤック前古典派音楽

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android