個人タクシー(読み)こじんタクシー

精選版 日本国語大辞典「個人タクシー」の解説

こじん‐タクシー【個人タクシー】

〘名〙 (タクシーtaxi) 一車一人の個人経営によるタクシー。「円タク」時代は個人経営によるものが大部分を占めたが、第二次大戦中、法人(会社)組織に統合され、昭和三四年(一九五九)に再び個人経営のタクシーが免許された。
瓦礫の中(1970)〈吉田健一〉九「個人タクシーを始めるというのが円タクをやっているものの一つの理想になって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の個人タクシーの言及

【タクシー】より

…57‐58年ころには運賃改訂を抑制したことを発端に,東京など大都市で無暴運転が横行して神風タクシーと呼ばれ,交通事故の多発,運転サービスの低下などから社会問題にまで発展した。このような背景から法人(会社)タクシーの評判が低下し,個人タクシー制度が導入されたのである。個人タクシーの免許がはじめておりたのは59年12月で,当初173台が認可された。…

※「個人タクシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報