個人メドレー(読み)こじんメドレー

百科事典マイペディア「個人メドレー」の解説

個人メドレー【こじんメドレー】

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ背泳ぎ平泳ぎ自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行はターンをしながら行う。距離は各50m計200mと各100m計400m。競泳種目のなかでは個人メドレーが最も新しく,1964年の東京オリンピックから男女400m個人メドレーが,1968年のメキシコシティーオリンピックから男女200m個人メドレーがオリンピック正式種目となった(1976年―1980年は200mは男女とも実施されていない)。男子は400m個人メドレー,200m個人メドレーともアメリカが強豪。日本は2012年ロンドンオリンピック萩野公介が銅を獲得。女子はウクライナ,中国などが強豪。中国の林莉が1992年バルセロナオリンピック200mで金,葉詩文がロンドンオリンピックで200m,400mの2冠を達成,アジア人女性スイマーが互角以上に競えることを証明した。日本は2000年シドニーオリンピック400m個人メドレーで田島寧子が銀メダルを獲得。→メドレーリレー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「個人メドレー」の解説

こじん‐メドレー【個人メドレー】

競泳種目の一。一人の泳者がバタフライ背泳ぎ平泳ぎ自由形の順で各50メートルか100メートル泳いで最終順位を競う競技。
[補説](長水路記録 2019年3月現在)
▽200メートル
世界記録男子:1分54秒00(2011年7月28日 ライアン=ロクテ 米国)
世界記録女子:2分6秒12(2015年8月3日 カティンカ=ホッスー ハンガリー)
日本記録男子:1分55秒07(2016年4月9日 萩野公介)
日本記録女子:2分7秒91(2017年7月24日 大橋悠依
▽400メートル
世界記録男子:4分3秒84(2008年8月10日 マイケル=フェルプス 米国)
世界記録女子:4分26秒36(2016年8月7日 カティンカ=ホッスー ハンガリー)
日本記録男子:4分6秒05(2016年8月6日 萩野公介)
日本記録女子:4分30秒82(2018年4月8日 大橋悠依)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「個人メドレー」の解説

こじん‐メドレー【個人メドレー】

〘名〙 (メドレーはmedley) 競泳種目の一つ。一人の泳者がバタフライ・背泳・平泳ぎ・自由形の順で各五〇メートルか一〇〇メートルを泳ぐもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の個人メドレーの言及

【水泳】より


[メドレーmedley]
 メドレーは,混合の意。上記の4種の泳法を順に泳ぐもので,個人メドレーとメドレーリレーがある。個人メドレーは,バタフライ,背泳,平泳,自由型の順に1人で続けて泳ぎ,各50mの200mメドレーと各100mの400mメドレーがある。…

※「個人メドレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android