吉備国(読み)きびのくに

日本大百科全書(ニッポニカ)「吉備国」の解説

吉備国
きびのくに

岡山県と広島県東部を含む古代の国名。古代では近畿と並ぶ先進地帯であり、古墳時代には墳丘長約350メートルで全国第4位の造山(つくりやま)古墳などを造営しており、強力な地域政治権力が生まれた。その結果、ヤマト勢力と対立関係にあり『日本書紀』には3種の反乱伝承も記されている。6世紀以降はヤマトの支配下に組み込まれ、律令(りつりょう)体制の確立に伴い備前(びぜん)、備中(びっちゅう)、備後(びんご)、美作(みまさか)の4国に分割された。

[吉田 晶]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「吉備国」の解説

吉備国
きびのくに

奈良時代,備前備中 (びっちゅう) ,備後 (びんご) ,美作 (みまさか) の4国の総称。現在の岡山県と広島県東部にあたる。「記紀」には孝霊天皇の皇子吉備津彦 (きびつひこ) が四道将軍としてこの地方を平定したとある。古墳の多いことなどから,大和朝廷に対立した出雲国以上の勢力があったことが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android