催乳剤(読み)サイニュウザイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

催乳剤
さいにゅうざい

乳汁の分泌を促進する薬剤。ビタミンLとプロラクチンがある。ビタミンLはシロネズミの乳汁分泌に必要な因子として、酵母や肝臓から発見され、アントラニル酸とアデニルチオメチルペントースからなることが解明されたが、独立したビタミンであるかどうか不明で、医薬品としては使用されていない。プロラクチンは催乳ホルモンあるいは乳腺(にゅうせん)刺激ホルモン、黄体刺激ホルモンともいわれる。脳下垂体前葉から分泌される性腺刺激ホルモンの一つで、分子量2万3400のタンパク質である。乳腺細胞に作用して乳汁分泌を促進させ、また、黄体維持作用、排卵抑制作用を有する。以前は医薬品(注射剤)として市販されていた。
 漢方では葛根湯(かっこんとう)や蒲公英(ほこうえい)湯、露蜂房(ろほうぼう)(スズメバチの巣)と地黄(じおう)の黒焼きを1回5グラム内服、白(はっきょうざん)(白病で倒れたカイコで、俗称おし切りという)の粉末を1回3グラム、1日2、3回服用する。民間薬としてはハコベやハスの葉、鯉(こい)こく、ミカンの葉、カラスウリの根を分娩(ぶんべん)後なるべく早く1~2週間以内に服用するとよいといわれている。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android