コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛根湯 かっこんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葛根湯
かっこんとう

漢方方剤の一つ。葛根麻黄桂枝,生姜,甘草,芍薬,大棗の7種の生薬から成る。解熱鎮痛消炎などの作用がある。張仲景編著傷寒論』にも載っている処方で,落語にも扱われるほど一般にはよく知られた漢方方剤である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

葛根湯【かっこんとう】

漢方処方で古くから風邪その他諸種の症状に用いられる。根,麻黄,大棗(たいそう),生姜(しょうきょう),芍薬(しゃくやく),桂皮(けいひ),甘草を混じて煎剤(せんざい)にする。
→関連項目風邪薬カンゾウ(甘草)漢方薬クズ(葛)桂皮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

葛根湯(かっこんとう)

漢方薬のひとつ。風邪の初期症状などの症状に処方される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かっこんとう【葛根湯】

漢方医学の原典として尊重される《傷寒論》に収載されている漢方方剤の一つ。葛根,麻黄,桂枝,生姜(しようきよう),甘草,芍薬(しやくやく),大棗(たいそう)の7種の生薬からなる処方である。その配合は,第9改正日本薬局方では4g,3g,1g,3g,2g,2g,2gを1包とし,1日1包を服用するのが常用量とされていた。この処方は,風邪の初期によく用いられる桂枝湯を基本として,これに葛根と麻黄が加えられたものと解釈されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かっこんとう【葛根湯】

漢方薬の一。葛根を主材料にし、麻黄・桂枝・生姜しようきよう・甘草かんぞう・芍薬しやくやく・大棗たいそうを煎せんじた薬。風邪などの際に発汗薬とし、また止瀉ししや薬として用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛根湯
かっこんとう

代表的な漢方処方の一つ。中国の後漢(ごかん)のころ(2世紀後半)、長沙(ちょうさ)(湖北省)の医師であった張仲景によってまとめられたといわれる『傷寒論(しょうかんろん)』に収載され、古来から繁用されてきた。処方構成は次のとおりである(括弧(かっこ)内は基源となる植物)。葛根(カッコン)8グラム、麻黄(まおう)(マオウ)・大棗(たいそう)(ナツメ)・生薑(しょうきょう)(ショウガ)各4グラム、桂枝(けいし)(ニッケイ)・芍薬(しゃくやく)(シャクヤク)各3グラム、甘草(かんぞう)(カンゾウ)2グラムを基本とし、症状により薬量を増減したり、他の薬物を加味する。煎剤(せんざい)として用い、煎じるときは、葛根と麻黄を先に煎じてから他の薬物を加え煎じるのが正法であるが、今日では同時に煎じることが多い。『傷寒論』のなかの太陽病中篇(へん)には、「首筋から背中にかけての筋肉が堅くこわばり、汗が出ずに寒気がする者には葛根湯を与えると治る」と書かれている。このような症状はインフルエンザをはじめとする急性熱性伝染病の初期に現れることが多いために、本処方は一般にはかぜ薬として名高い。しかし、葛根湯は応用範囲のきわめて広い処方で、目、鼻、耳、口内、および咽頭(いんとう)などの炎症のほか、肩こり、神経痛、夜尿症、高血圧、下痢、皮膚病、化膿(かのう)性炎症の初期などに用いられる。難病では、とくに蓄膿症に用いられることが多く、通常、辛夷(しんい)(モクレン)、川(せんきゅう)(センキュウ)、石膏(せっこう)などが加味される。[難波恒雄・御影雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

葛根湯の関連キーワード喝・渴・褐・刮・割・喝・括・活・渇・滑・猾・葛・褐・豁・轄・闊かぜに効く、手軽な漢方レシピかぜ・インフルエンザ神経因性膀胱乳汁分泌不全カコナールカンゾウ漢方医学杉咲佳穂催乳剤煎じ薬発汗剤かぜ薬頭痛クズ葛粉辛夷独活升麻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葛根湯の関連情報